5.6kg痩せた体験談♪

酵素ドリンクランキング♪

産後ダイエット中にパンを食べる人は注意!!

 

 

食パンや菓子パンなど主食やおやつとして浸透しているパンですが、産後ダイエットにはあまり向いていません。

 

しかし、手軽に食べられるし美味しいのでついつい食べてしまいがちですよね;

 

そもそも、なぜパンは産後ダイエットに不向きなのでしょうか?

 

今回は、パンが産後ダイエットに向いていない理由と産後ダイエット中でも安心して食べられるパンをご紹介します♪


産後ダイエットにパンが向いていない理由

 

ご飯、パン、麺など様々な主食があるなかで、なぜパンが産後ダイエットに向いていないのかを明確にしてみました。

 

カロリーはご飯とあまり変わらないが…

 

食パンのそれぞれのカロリーは以下の通りです。

 

  • 4枚切り…約250キロカロリー
  • 5枚切り…約200キロカロリー
  • 6枚切り…約160キロカロリー
  • 8枚切り…約125キロカロリー

 

合わせて、ジャムやマーガリンなどのカロリーも参考にしてください。

 

  • マーガリン10g…30キロカロリー
  • イチゴジャム10g…20キロカロリー
  • チーズ…10g…34キロカロリー
  • ピーナッツバター10g…64キロカロリー
  • マーマレード10g…20キロカロリー

 

メーカーによってそれぞれ多少の誤差はありますが、5枚切りでも2枚くらいペロッと食べられてしまったりしますよね。

 

ご飯1杯(150g)のカロリーが250キロカロリーなので、6枚切りのパンを2枚食べるのと同様となります。

 

カロリーだけならご飯とあまり差がありませんが、重要なのが栄養素の内訳なのです。

 

産後ダイエットで重要な栄養素と消化速度に落とし穴!

 

ダイエットというとカロリーに着目しがちですが、一番関係性が深いのが「糖質」です。

 

糖質が高いものは血糖値を急上昇させます。

 

血糖値が上がるとインスリンが分泌されるのですが、インスリンは脂肪を蓄える働きも持っています。

 

血糖値の上昇率とインスリンの量は比例しているので、血糖値が上昇しないほうが脂肪を溜めずに排出してくれるようになるのです。

 

パンの糖質は、6枚切り1枚で26.6gです。

 

ご飯お茶碗1杯が55.1gなので、6枚切りのものを2枚食べたとしても53.2g。

 

カロリー同様差が無いと感じますが、ここでポイントになってくるのが消化速度です。

 

パンはご飯に比べて圧倒的に消化スピードが早いのです。

 

原料の小麦粉が消化されやすいということと、あまり噛まずに食べられてしまうことが理由です。

 

糖質を含むパンの消化スピードが早いということは、血糖値も急上昇して脂肪を溜め込むインスリンの分泌も多くなってしまうということ!

 

お腹が減るのも早いので、食べる回数や量が増える原因にもなります。

 

さらに、パンだけでも糖質や脂質、塩分を多く含んでいるのに、ジャムやマーガリンなどを付けて食べるとなるとさらに多く摂取してしまうことになりますよね。

 

もちろん、デニッシュやクロワッサンなどの菓子パンとなれば、もっと多くの糖質と脂質を含んでいます。

 

結論として、パンの成分と消化速度の両面から産後ダイエットには向いていないと言えるのです。

産後ダイエット中にどうしてもパンを食べたい場合は

 

 

パン=ダイエットに不向きと聞くと、パンは食べられないの!?と心配になりますが、決してそんなことはありません!

 

パンの食べ方や種類を工夫すれば、産後ダイエットをしながらパンを食べても平気なんです♪


パンを食べる前に工夫する

 

上記で触れたとおり、パンは糖質が少なくないのに吸収が良いことがネックです。

 

この消化速度や血糖値の急上昇を抑えるために、必ずサラダなどの野菜から食べましょう。

 

サラダ→スープ→おかず→パン

 

という順番で食べることで、血糖値の上昇が穏やかになります。

 

普段はパン1枚で済ませているという方でも、少量でもサラダを先に食べるだけでも効果的ですよ♪

 

パンの種類を工夫する

 

パンの中でも、ダイエットの邪魔をせず食べることが出来るものがあります。

 

噛み応えのあるのも

 

噛み応えのあるフランスパンやベーグルは、比較的糖質が少なく噛む回数も増えるので産後ダイエット中におすすめです。

 

低糖質パン、ブランパン

 

最近では糖質を抑えたパンが多く発売されていて、各コンビニでも手軽に購入することが出来ます。

 

また、良く目にするブランパン(ふすまパンん)は、小麦の表皮を取り除かずに作られたものです。

 

小麦粉だけを使用したものに比べて糖質が低く、栄養素や食物繊維も豊富に摂ることが出来るのが特徴。

この記事のまとめ

 

 

毎日パンを食べている方が、産後ダイエットのためにパンを我慢するとなると逆にストレスになってしまいますよね。

 

産後ダイエット中の菓子パンはおすすめ出来ませんが、食べ方や種類次第で問題なく食べることが出来ます。

 

上手にパンと付き合って、ストレスのない産後ダイエットを行いましょう♪