5.6kg痩せた体験談♪

酵素ドリンクランキング♪

二人目以降の出産後に行う産後ダイエットを成功させるポイントについて解説します♪

 

 

一人目の赤ちゃんを出産したあとはなんとか産後ダイエットに成功したのに、二人目はなかなか痩せないものです。

 

一人目のときと同じ産後ダイエットを試しているのに、効果はいまいち。

 

実は、あなたの体は第一子の出産後と第二子とでは体が大きく変化しているのです!

 

なぜ二人目以降は痩せにくいのか、原因と対策をご紹介していきます!


第二子以降は痩せにくい理由

 

二人目の産後ダイエットで痩せにくい理由は主に3つ考えられます。

 

3人目、4人目も同様で、人数に比例して痩せにくい体になっているんです;;

 

基礎代謝の低下

基礎代謝のピークは10代で、年齢が上がるにつれて自然と嫌でも基礎代謝は低下していきます。

 

それに加え、一人目の妊娠と産褥期の安静を心がけた生活で運動が出来ないので、みるみる代謝は落ちるもの。

 

そのときに落ちた基礎代謝が戻らない状態で二人目の妊娠となると、さらに代謝は低下していきます。

 

基礎代謝とは、呼吸をしたり心臓を動かしたり、体温を維持したりするために必要な生命維持をするときに使われるエネルギーのこと。

 

基礎代謝が良いと、食べたもののカロリーや脂肪はどんどんエネルギーに変えられていきます。

 

代謝に必要なのはいろいろありますが、特に必要なのが筋肉。

 

筋肉が脂肪を燃やして体を動かすエネルギーを作るのです。

 

妊娠中のあまり動かない生活で筋肉が落ちているため、脂肪を燃やす量も減っていきます。

 

代謝が悪い=筋肉量の低下とも言えるでしょう。

 

第一子と育児の同時進行

第二子の子育てとなると、一人目のお子さんの子育てと同時進行になります。

 

ひとりの子供に集中して育児をするわけにはかないので、ママの大変さは2倍に!

 

こうなると、自分が落ち着いて食事をする時間がなくなり、早食いの原因になります。

 

食事を自分のためにつくるのも面倒なので、カップラーメンや菓子パン、ジャンクフードも増えてしまうもの。

 

定まった食事時間は子供の食事を優先して、自分の食事時間がきちんと決まらず合間合間にちょこちょこつまんでしまっている可能性もあります。

 

また、少しの空いた時間に運動というのも気力・体力ともになくなってしまいます。

 

筋肉量も増えませんし、消費カロリーを摂取カロリーが上回ってしまってはなかなか痩せません。

 

骨盤が正しく戻っていない

一人目の出産で骨盤が開いたときに、きちんと正しい位置に戻っていなかったり、締まりきっていなかったかもしれません。

 

骨盤が正しく戻らないと、内臓機能の低下や基礎代謝の低下、お腹周りに余分な脂肪をつける原因になります。

 

骨盤が開いているところに内臓が落ちていき、ぽっこりお腹の原因にも…。

 

この状態で二人目を妊娠、出産すると、内臓の位置や機能はさらに落ち込み、一人目の子育ての忙しさから骨盤矯正に手が回らなかったりします。

 

関連記事:骨盤矯正が産後ダイエットの鍵を握る!?骨盤と矯正の方法を知ろう

第二子以降の産後ダイエットを成功させるには

 

第二子以降の産後ダイエットは、第一子のときの3倍の時間を要すると言われています。

 

その分努力も必要になりますが、要点を抑えてできるだけ早く産後ダイエットに成功できるように頑張りましょう!

 

産後6か月以内に痩せることを目標にする

 

妊娠中に蓄えられた脂肪は流動性脂肪というもので、水分を多く含んだ脂肪です。

 

この脂肪は、産後6か月以内なら落ちやすいということ!

 

それ以降は普通の落ちにくい脂肪へ変化してしまうので、余計に産後ダイエットが大変になってしまいます;;

 

産後1か月以内は体を休めることが最優先なので、実質5か月間は産後ダイエットを頑張りましょう!

 

5か月ダイエットを頑張って元の体型に戻すのと、半年後に始めて倍の努力と時間が必要になるのだったら、短い期間で痩せられるほうが絶対いいですよね♪

 

とにかく代謝を上げて燃える体作りを!

 

年齢を重ねれば、妊娠・出産をしていなくても基礎代謝は低下します。

 

出産後となればなおさら。

 

ここで基礎代謝を低下させたままにするのではなく、適度な筋肉量をつけておけば脂肪が燃えやすい体になれます。

 

しかし、ジムやウォーキング、ジョギングなどしている時間がない方がほとんどではないでしょうか。

 

そんな方にオススメな運動がこれ!

 

ながら骨盤矯正

 

2人の子育てをしながら整体に通って骨盤矯正をするのはかなり難しいと思います。

 

骨盤体操をする時間もなかなか無い!

 

それなら、骨盤ベルトを巻くだけの骨盤矯正をしましょう!

 

家事や育児の合間に巻いておくだけで骨盤が矯正できるなんて理想ですよね♪

 

骨盤ベルトには様々なものがありますが、骨盤の「開き・反り・傾き」すべてをバランス良く整える必要があります。

 

2本のベルトで腸骨と股関節をサポートできるものが一番理想的。

 

きちんと骨盤矯正に効果のある骨盤ベルトをしていれば、ウエストも自然とサイズダウンしますよ!

 

 

TV番組ぷっすまで紹介された1日で8000個売れた骨盤ベルトはこちら

 

子供と一緒に楽しめる運動

 

筋トレやヨガなどは筋肉をつけるのにはぴったりですが、自分ひとりで行うもの。

 

そこで、フラフープや縄跳びなど子供も一緒に楽しめる遊びをしながらの運動はいかがでしょうか。

 

フラフープはダイエット向けの物でなければ100均でも購入できますし、第二子から目を離さずに家でできるエア縄跳びもおすすめですよ♪

 

また、NHKの「おかあさんといっしょ」の最後に放送されているダンスも、ダイエットになると話題を呼んでいます!

 

飛んだり跳ねたり、全身をくまなく使ったダンスですし、思いっきり踊っているとかなり体力を使うのが実感できますよ♪

 

下の子を抱っこしてスクワットをしたり、寝転んでゆっくり高い高いをすることで二の腕のシェイプアップにも期待できます。

 

自分一人で黙々と頑張るよりも、子供を巻き込んで楽しく筋肉量を上げましょう♪

 

短時間で効果的に!エクササイズDVD

 

エクササイズDVDと聞くと、激しい運動を何十分もやらなきゃいけないんでしょ?と思いますよね。

 

芸能人の篠原涼子さんが産後ダイエットに実践したインスパイリングエクササイズや、神田うのさんが実践したカーヴィーダンスは所要時間10分程度!

 

子供が寝てからや、お昼寝をしているときにサッとこなせるのに効果が高いのが魅力です!

 

効率的な有酸素運動を行いながら各パーツの筋肉を鍛えることができるので、1日1点集中で取り入れてみてはいかがでしょう?

最後に

 

 

産後ダイエットは二人目、三人目と人数が増えるにつれ難しくなっていくものです。

 

だからと言って後回しにしていると、どんどん痩せにくくなってしまいますよ!

 

できることからコツコツと産後ダイエットを始めましょう♪


関連ページ

授乳中の産後ダイエットのやり方!これを見ればまるわかり!
授乳中におこなう産後ダイエットが子供に悪影響を及ぼしたら嫌だな・・・と思うママも多いと思います。ここでは授乳中の色々ある産後ダイエットのやり方をまとめてわかりやすく解説していますので参考にしてみてください。
帝王切開後に産後ダイエットをする場合の注意点
産後の女性の体はメチャクチャ弱っています。特に帝王切開は体に負担がかかるので、産後に崩れた体型を元に戻したい!という気持ちはわかりますが、慎重にダイエットを始める時期やダイエット方法を選ばなければなりません。ここでは帝王切開後いつからダイエットを始めていいのか?などについて解説していきます。