5.6kg痩せた体験談♪

酵素ドリンクランキング♪

産後ダイエット時の空腹感は脂肪燃焼の合図です♪

 

 

産後は慣れない育児と、子供中心の生活で自分の食事の時間が不規則になっているかと思います。

 

「なんだかお腹が空いたなぁ…」と思ったら、何か食べてしまっていませんか?

 

また、何を食べていますか?

 

その空腹、本当にお腹が空いている体の底からの信号ですか?

 

産後ダイエット中は空腹との闘いです。

 

しかし、その空腹を味方にして産後ダイエットを成功させてみませんか!?


目次

産後はなぜ空腹感が増すの?

 

妊娠前に比べて、空腹感を感じやすいのにはいくつかの理由があります。

 

理由は以下です!!

 

ストレス

 

自分の自由が制限され、多少なりとも育児にストレスを感じてしまうもの。

 

その合間に家事をしなければならないし、育児だけでなく旦那さんにもなんだかイライラしてしまう…ということもあるかと思います。

 

ストレスを溜めると、脳が癒しを求めて食事をするように信号を出すようになっています。

 

食事の時間が決まっていない

 

自分の食事は、子供が寝てる間であったりおもちゃやテレビに夢中になっているスキにサッと済まそうとしていませんか?

 

今食べないと次はいつ食べられるかわからないという概念から、食事回数が増えたり早食いの原因になっている可能性があります。

 

母乳育児でカロリーを多く消費する

 

母乳の生成には、500〜800キロカロリー以上消費すると言われています。

 

カロリーの消費量が増えると、必然的に空腹感が強く、頻繁に感じるように…。

 

また喉も渇くため、体が満足していないと感じる状態が増えるのです。

 

 

▲目次へ戻る

空腹感を感じた時にNGな行動

 

なんだかお腹が空いたと思うと、簡単に食べられる菓子パンを食べてしまいがち。

 

 

例えばメロンパンは、1つで普通の食事1食分のカロリーがあるんですよ!

 

下手したら2個くらい一度にペロリと食べられてしまいそうですよね…。

 

また、喉が渇いたときに甘いジュースやミルクたっぷりのカフェオレなどを飲むのも控えたいところです。

 

砂糖や脂肪分を摂り過ぎてしまう原因になりますし、余計に喉が渇くことになりかねません。

 

産後ダイエットを意識して朝・昼・夜の食事量を減らしたものの、しょっちゅうお腹が空いて逆に食べすぎに繋がってしまうことにならないよう、一回の食事メニューを見直してみましょう。

 

 

▲目次へ戻る

その空腹感!本当にお腹が空いていますか?

空腹感には2種類あって、「体が栄養を求めている空腹感」と「ただなんとなく何かたべたいだけの偽の空腹感」があります。

 

実は、かなりの空腹感を感じたとしても、胃袋がからっぽなわけではないんですよ!

 

なんとなく空腹の偽の空腹感ならなおさらです!

 

この厄介な偽の空腹感が表れるのには原因があります。

 

  • ストレスを感じることが多い
  •  

  • 不規則な生活(夜更かしなど)

 

この二つのよって、なにか食べたいかも…と思うことが増えてしまうのです!

 

育児中は、子供が寝てからが唯一の自由時間。

 

私自身子供が寝てから洗いもの等を済ませ、夜中までテレビを見たりスマホをいじったりして寝るのはいつも深夜になってしまうこともしょっちゅうでした。

 

これがおデブのもとだったですね・・・。

 

お腹が空いた・・・そんな時は一度立ち止まって、このページで解説した「偽の空腹感」を思い出してみてください。

 

 

▲目次へ戻る

空腹は産後ダイエットのチャンスゾーン!

 

ピンチはチャンス!!

 

お腹が空いた…

 

何か食べたい…

 

そんな時こそ運動をしてみてください!

 

ちょっとした筋トレ、ストレッチやヨガ、エクササイズなど軽いものでもOK♪

 

運動は、最初の20分で体内の炭水化物のエネルギーを使用してからやっと脂肪を分解してエネルギー消費されます。

 

空腹時に運動することで、炭水化物を使ったエネルギー消費時間を短縮できるので、早めに脂肪燃焼に効果が!

 

産後ダイエットをするなら、この空腹感を「ごまかす」というよりも「利用する」と考えてみてください♪

どうしても空腹感に耐えられない!対処法は?

空腹感はよほど耐えないと、簡単に消えるものではありません。

 

しかしすぐになにか食べるのではなく、口にするものを考えたり空腹感を軽くする方法を試してみてください!

 

どうしてもなにか食べたいなら

 

酵素ドリンク・スムージーを飲む

 

酵素ドリンクは、数十種類〜100種類以上の野菜や果物から抽出されたものです。

 

空腹だと感じているときにこの多数の栄養素を摂取することで、脳が満足してくれます。

 

スムージーも同様で、野菜・果物が原料となっているだけでなく酵素もたっぷり入ったものもあります。

 

今では味の種類も豊富なので、甘いものが食べたくなったらぜひ飲んでみてください!

 

特に豆乳割りは、豆乳が苦手な方も飲みやすい味になりますし、満腹感も倍に!

 

ヨーグルトにかければ、おやつ感覚で食べられるのに腸内美人になれちゃいますよ♪

 

 

おすすめの酵素ドリンクはこちら

 

 

 

 

おすすめのスムージーはこちら

 

野菜スープを飲む

 

野菜をふんだんに使い、コンソメや塩、しょうゆベースで味付けしたものならローカロリーで栄養も満点!

 

満足感もかなり得られます。

 

炭水化物や菓子パンよりもずっとダイエット向きですよ♪

 

いくら食べてもOKなデトックススープもあるので、作り置きしておくのもありかも。

 

デトックススープのレシピ

 

ニンジン・ピーマン・キャベツ・セロリ・玉ねぎ・トマト(缶詰でOK)を、好みの大きさに切って煮て、コンソメスープと塩コショウで味を調えるだけ!

 

おからクッキー

 

おからで作られたクッキーで、水分と一緒に食べることでお腹で膨れます。

 

数枚で満足しますよ!

 

ただし、おからは少量使用しているだけで普通のクッキーと同じカロリーのものも販売されているので、よく確認しましょう!

 

空腹感を紛らわすなら

 

1回の食事でよく噛む

 

食事の際によく噛むことで、食べるのに時間がかかります。

 

人間の脳は20分で満腹中枢が刺激されるようになっているので、消化に良いだけでなく満腹感も倍増!

 

空腹感を感じるまでの間が長くなりますよ♪

 

お風呂に入る

 

胃を暖めることで、空腹感が鈍くなると言われています。

 

湯船に浸かって体を心から暖めましょう。

 

 

▲目次へ戻る

最後に

 

 

空腹感には酵素ドリンクが断然おすすめです!

 

空腹を感じるたびに飲めるのに、低カロリーで美味しい♪

 

酵素ドリンクの原料となる野菜・果物・野草薬草の豊富な栄養素で脳が満足するため、空腹感を抑えることが出来るのです。

 

実際に私も酵素ドリンクを飲んで、1か月で5.6キロの減量に成功しました!

 

「何か食べたい」と思ったら、我慢せずすかさず酵素ドリンクを飲むのが成功の秘訣!

 

詳しくは、私の産後ダイエット体験談にまとめたので読んでみてください♪


関連ページ

産後ダイエットに停滞期はつきもの|停滞期の原因と対策方法の解説
最初は固い決意で始めた産後ダイエット・・・。しかし、多くの人に立ちはだかる問題が「停滞期」です。そしてこの停滞期がきっかけで産後ダイエットを諦めてしまう人も多いです!なのでここではサイト管理人ポテッちゃん自らの停滞期の体験談や停滞期の原因&対策方法などについて解説します。
産後ダイエットがうまくいかない…。うまくいかない原因と対策は?
産後?に崩れた体型を元に戻す為に産後ダイエットを始める人は多いですが、思うように体重が落ちない・・・などと悩んでいる人も多いです。このページでは産後ダイエットがうまくいかない時にどうすればいいのか教えます!
産後ダイエットを始めたら母乳が出ない!原因と解決方法教えます
産後ダイエットを始めてから「母乳がでない」という経験をする人は少なくないようです!一体どうして母乳が出ないなんていう事態がおこるのか?ここではその原因と解決方法についてお話をしたいと思います。
産後ダイエットが続かない方必見!誰でもできる短期間ダイエット方法
産後ダイエットの最大の敵と言っても過言ではないかもしれません。ダイエットが続かない・・・。開始時は高いモチベーションがありますが、思うように落ちない体重や食べ物の誘惑などダイエットをするうえで色々な弊害がでてしまうんです。そこでコレらを解決する方法があるので紹介したいと思います。
産後ダイエットで抜け毛が増えるって本当?産後の抜け毛の原因は
産後ダイエットをする事で抜け毛が増えるっていう話を聞いた事はありませんか?産後ダイエットで抜け毛が増えるっていう話は本当なのか?などについて解説をしていきます。
産後ダイエットしているのに痩せないのはストレスが原因かも!?
「産後ダイエットをはじめたのになかなか痩せない!」と悩んでいる方はいませんか?育児で忙しい中、しっかり運動をしているのにどうして痩せないのでしょう?それはストレスが関係しているかもしれません!このページではどうしてストレスが溜まると痩せなくなってしまうのかご説明していきます。