5.6kg痩せた体験談♪

酵素ドリンクランキング♪

寝ながらゆっくりできる産後ダイエットをご紹介します♪

 

 

「産後すぐであまり体調が良くない・帝王切開した・自分の為の時間がない・医師に激しい運動はダメと言われた」などの理由で激しい運動ができない方もいらっしゃると思います。

 

そんな方におすすめの「寝ながらゆっくりできるダイエット方法」をいくつかご紹介したいと思います。


産後すぐから出来る寝ながらダイエット

 

産後すぐに激しく動くことは体に影響がでるためあまりおすすめはできません。

 

しかし、産褥期(さんじょくき)ダイエットというものがあり、産後1日目からできるダイエットで有名です。

 

激しい運動ではなく、体に負担をかけないダイエットなのでおすすめです。

 

産褥期ダイエットのやり方をご紹介します。

 

足首ストレッチ

1、仰向けに寝転び、足を伸ばします。手はお腹の上におきます。

 

2、つま先をふくらはぎの反対側に倒しながら伸ばしたら、次はつま先が真上を向くように立て足首とふくらはぎを伸ばします。

 

3、足を少しだけ開き、左右につま先を振ります。

 

このストレッチを5回ほど繰り返してください。

 

股関節のストレッチ

1、仰向けに寝転び、股関節から動かすように意識してつま先で円を描くイメージでゆっくり足を回します。

 

2、内回し2回、外回し2回ほどを目安にしてください。

寝ながらできる骨盤矯正エクササイズ

 

 

産後は骨盤が歪んでしまい痩せにくい体になっています。

 

痩せやすい体にするためには骨盤を矯正しなければいけません。

 

骨盤矯正は産後ダイエットに向いているダイエットなので、寝ながらできる骨盤矯正のダイエットをお教えします。


左右膝つけ

1、仰向けに寝転んで膝を曲げます。

 

2、かかとはお尻につけ、つま先は外側に向けて足は開きます。

 

3、片足ずつ床に膝をつけていきます。(足首をお尻の横に、膝を上半身と反対側に向くように膝を床につける)

 

4、これを左右交互に10〜20回ほど繰り返してください。

 

両膝つけ

1、先ほどの左右膝つけを両足同時にします。その体勢を少しの間キープします。

 

2、このとき両膝の位置がずれないように要注意!左右同じでないと歪む原因になります。

 

3、次に足の裏同士をひっつけて両膝は開いて床につけます。これを少しの間キープします。

 

骨盤体操@

1、仰向けに寝転んで、膝を曲げます。腕は横に広げます。(大の字になるように)

 

2、両足同士は離れないように注意して、両肩が浮かないようにお尻だけを持ち上げて10秒キープします。

 

3、ゆっくり息をしながら3回ほど繰り返してください。

 

骨盤体操A

1、仰向けに寝転び膝を曲げます。

 

2、足をピッタリひっつけたまま右側に膝を倒します。

 

3、反対側も倒します。これを5〜6回ほど行ってください。

寝ながらポッコリお腹にくびれを出す方法

 

 

産後はぽっこりお腹になりやすくなってしまいます。

 

ぽっこりお腹はそのままにしておくと、時間が経ってからダイエットをしてもなくなりません。

 

産後すぐにできるぽっこりお腹をなくすダイエットをご紹介します。


ウエスト引き締め腹筋運動

1、仰向けに寝転んで、膝を曲げ手はお腹に乗せます。

 

2、骨盤をお腹に引き寄せて床と腰の隙間を埋めます。

 

3、頭を持ち上げておへそを見ながら、その体勢をキープします。(息を吐きながら5秒ほどキープ)

 

ウエストひねり

1、仰向けに寝転がり、両腕を上にあげピンと伸びます。

 

2、頭の上で手のひらを合わせ、両足はつま先を上に向け親指同士を重ねるように閉じます。

 

3、どちらかのお尻を持ち上げてひねります。

 

4、次に手を離してバンザイする体勢になり、どちらかのお尻を持ち上げるときに肩を反対側にひねります。これを左右交互に10回ずつ繰り返します。

寝ながら下半身ダイエット

 

 

寝ながら下半身のダイエットができるの?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし寝ながら下半身ダイエットもできますし、むくみなども解消できる効果も期待できるのです。


下半身ダイエットにはこのようなものがあります。

 

下半身エクササイズ

1、うつ伏せに寝転んで、両肘を床につけます。この際顔はあげて両手で頬杖をつきます。

 

2、左右の足を交互に折り曲げます。

 

たったのこれだけですがむくみ解消の効果が期待できます。

 

エビ反りストレッチ

1、うつ伏せに寝転がり、両膝を曲げ足首を手でしっかり掴みます。

 

2、上半身を反らし、太ももを床から離し5秒間キープします。

 

結構きつい体勢になるので、無理しないようにしてください。

この記事のまとめ

 

 

寝ながらでもさまざまなストレッチやエクササイズがあり、ゆっくり無理せずダイエットができます。

 

人それぞれ運動できない理由があると思いますが、これだったらいつでもどこでもちょっとの空き時間にできますよね!

 

また、骨盤ベルトなどがあるとできるダイエットの種類も増えるので、お金に余裕がある方はぜひ試してみてください。

 

寝ながらすることで隣りに赤ちゃんも寝かせてできるので、一石二鳥ですよね♪